【すぐできる】自分の肌はどんなタイプ?|すぐできる診断方法を教えます!

美容
皆さんは、自分の肌のタイプを知っていますか
こんにちは!koublogのたかきです!
今回の記事は、あなたの肌のタイプがすぐに分かる方法を伝授します。
もし、肌のタイプが分からないと?
  • ニキビやシワの原因になる
  • 化粧品にお金をかけても効果が出ない
  • 毎日のスキンケアの効果が半減
もし、肌のタイプが分かると?
  • キビやシワに悩まされない
  • 化粧品の効果を最大限に発揮できる
  • 今より綺麗になる
自分の肌のタイプを知っているのと知らないのとでは大きな差が生まれてしまいます。
ですから、この機会に自分の肌タイプを診断して、貴方も今日から美肌になりましょう!
今回の肌診断は簡単な診断なので、細かく知りたいという方は、エステサロンなどにいくと肌診断ができるのでそちらで診断してもらうのも一つの手です!

肌タイプってどんなタイプがあるの?

主に4つのタイプに分けられます。

・脂性肌
・乾燥肌
・混合肌
・普通肌

の4つのタイプです。

ちなみに、敏感肌は乾燥肌がひどくなった状態を指していると思ってもらって結構です。

敏感肌=乾燥肌が悪化

でOKです!

それでは、4つの肌のタイプを一つ一つ詳しく見ていきましょう!

脂性肌

皮脂量も水分量も多いため、テカっているのをイメージしてもらったら分かりやすいと思います。

簡単に言うと 肌がてかりやすい=脂性肌です!

また、脂性肌は『イチゴ鼻』『角栓』が多いというのも特徴です。

女性の場合、皮脂が過剰に分泌されることから、メイクが崩れやすいという特徴もあります。

そして何よりも、ニキビが出やすいのが特徴ですね!

ニキビでかなり悩んでいる方は脂性肌と思った方がいいです。

乾燥肌

乾燥肌は、脂性肌とは逆に皮脂量も水分量も少ないのが特徴です。

簡単に言うと、乾燥肌=カサカサしています!
また、白い粉を吹いたり小じわが目立つのも乾燥肌の特徴です!
メイクをする人の場合、ファンデーションがのらないというのも特徴ですね。
しかし、ニキビはできにくく肌のきめも細かいため、若い場合は毛穴が目立ちにくく比較的良い肌に思わがちです。
※敏感肌は、乾燥肌の状態でさらに皮脂量や水分量が少ない状態です。
そのため、肌を守る成分が少なくなってしまい
・洗顔をしただけで肌が荒れる
・タオルでふいたでけで肌の赤みが出てしまう
・生理前に肌が荒れてしまう
といった特徴が敏感肌にはあります。

混合肌

混合肌は、脂性肌と乾燥肌が混在しているはだです。

簡単に言うとテカって乾燥する肌です

例えば、Tゾーンは脂性肌で、Uゾーンは乾燥肌といった場合が多いです。

Tゾーンとは⇒額、鼻、顎先を結んだT字系の区域のことです
Uゾーンとは⇒片方の耳から顎を通って、もう片方の耳までの区域のことです
ケアが難しく、大人になってからニキビが出てしまう人や、鼻がてかり、口元がかさつくことがあります。

普通肌

普通肌は皮脂量、水分量ともにバランスがいい肌で、化粧のノリもよくニキビができにくいのが特徴です。

簡単に言うと、肌に悩みがない=普通肌です
季節による肌が対応することで、乾燥している時期や湿気が多い季節でも肌が荒れません。
また、はだのきめが細かく毛穴が見えないのも特徴です。そのうえ、シワもできにくい肌なので一般的にとてもきれいな肌に見えると思います。
メイクをする人はメイクのノリもよく、ファンデーションを塗るときの困らずにできるのが特徴です!
以上が、4つの肌のタイプになります。
それでは、4つの肌のタイプはどのように見極めればいいのかを説明します。
もしかしたら、上記の説明で大体見極め方が分かってかもしれませんが、さらに詳しく説明したいと思います。

肌のタイプを見分ける方法

一番簡単で家でもできるのが、洗顔した後の肌の状態でタイプを見分ける方法です。

①まず、いつも通り洗顔をしましょう!

②その後、顔を拭いたら10分くらいスキンケアをせずに放置しましょう!

③最後に肌の状態を確認して自分の肌のタイプを見極めましょう!

実際にやってみると

・かさついている⇒乾燥肌

・てかっている⇒脂性肌

・部分的に肌の具合がちがう⇒混合肌

・しっとりしていて、かさついているところも無い⇒普通肌

といったように上記の4つの肌タイプで説明した肌の特徴が分かると思うのでぜひ試してみましょう!

まとめ

皆さん、どうだったでしょうか、自分の肌のタイプはこれだというのが今回の記事で分かったと思います。

今回の記事で自分の肌のタイプが分かった人は、それに合わせた化粧品を買うことで、今の肌より格段にきれいになります。

ぜひ、すぐに試して自分の肌のタイプを確認しましょう!

 

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

 

コメント