【閲覧推奨】twitterが乗っ取られないようにするには?乗っ取られた場合の解決法も紹介

Twitter 集客

 

どうも、大学生ブロガーのたかきです!

 

今回は、Twitterに関する記事です。

 

最近Twitterを使用していると「アカウントが乗っ取られてしまいました」「いままで頑張っていたTwitterのやる気をなくした」というような、アカウント乗っ取りが原因となって悲しんでいる方々を見かけます。

 

僕自身Twitterを伸ばすために毎日Twitterを使用して様々な方々と交流しています。

 

中には朝の4時に起きて朝活をしてTwitterで活動している方々もたくさんいるのです。

 

そこで今回は、このように一生懸命活動している方々が乗っ取りの被害に合わないようにこの記事を書くことにした。

 

記事の構成は以下のようになっています。

Twitterを乗っ取られないようにするのは?

Twitter

 

 

せっかくフォロワーを伸ばしたとしても、その努力が一瞬にして無駄になってしまう。それが、乗っ取りです。

 

最近は、ニュースでもアカウントの乗っ取りが多くとりあげられてますよね。

 

自分には起こらないだろうというような油断が、アカウントの乗っ取りに繋がってしまいます。

 

めんどくさいとは言わずに、できるだけ早めに対策をしておきましょう。

 

二段階認証を有効にしよう!

Twitter

 

二段階認証を有効にすることで、もしIDやパスワードが盗まれてしまったとしても、問題ありません。

 

不正ログインを阻止することができます。

 

そのため、ほぼアカウントが乗っ取られることがありません。

 

 

やるべきことは以下の6つです。

①画面の左上にある自分のプロフィールのアイコンをクリック
②設定とプライバシーをクリック
③アカウントと書いている部分をクリック
④セキュリティと書いている部分をクリック
⑤二要素認証をクリックする
⑥ショートメールor認証アプリorセキュリティキーのいずれかを選択して説明に従って進める

 

この手順で進めていくと二段階認証が有効になります。

 

怪しいURLを気軽にクリックしない!

身に覚えのない人のツイートのURLを気軽にクリックしたり、見知らぬ人のDMにあるリンクをクリックすることは、乗っ取りの原因になりかねません。

 

私自身Twitterを今までやってきましたが、ときどき見知らぬ人からDMがきます。

 

プロフィールを見たりして、全体的に信頼できる方からのDMの場合リンクやURLをクリックしても良いですが、少しでも不安がある場合はやめておくのが得策です。

 

外部アプリの認証には注意しよう!

TiktokやLINEなど様々なアプリを使う際に簡単にアカウントの設定する方法として「連携アプリの認証」があります。

 

この方法は、手早く設定を済ませることができるので便利ですよね。

 

しかし、その便利さを利用して、不正アプリとTwitterとを認証させて、Twitterを乗っ取るという行為が発生しています。

 

この事態を防ぐためにもっとも大切なのが、見知らぬアプリを安易にダウンロードしないということです。

 

一見、お得そうに見えるような広告でも、それが不正アプリへ誘導させる場合も多いです。

 

アプリをダウンロードする場合は、今一度注意してダウンロードをすることをおすすめします。

 

 

 

 

ここまでは、乗っ取られないようにする方法について紹介してきました。

 

後半からは、乗っ取られてしまった場合の対策について紹介していきます。

 

乗っ取られてしまった場合の対策とは?乗っ取りを解除する方法

Twitter

 

どれだけ注意していても、なにかしらが原因で乗っ取られてしまう事は十分考えられます。

 

ここからは、もしあなはのアカウントが乗っ取られてしまった場合は、どのように対応すると良いのかを紹介していきます。

 

たとえ乗っ取られたとしても手遅れでない場合があります!

 

この機会に知っておいて損はないですよ!

 

ちなみに方法は3つありますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

すぐにパスワードを変えよう!

もし、あなたのアカウントが乗っ取られたとしてもアカウントが使える場合があります。

 

乗っとった相手がパスワードを変えていない場合です。乗っ取られたことをバレないようにパスワードを変えていない場合があります。

 

自分自身が気付かないため、勝手にツイートされてしまうなどの被害を受ける可能性もあります。

個人が特定されるようなアカウントでTwitterをしている場合は、特に注意です。

 

 

少しでも怪しいツイートが自分のツイート一覧にあった場合はすぐにパスワードを変えて乗っ取られないように二段階認証のどの対策を講じましょう。

 

不審なアプリの連携を解除しよう!

 

不審なアプリを見つける手順は意外と簡単です。

 

以下に4つの手順で説明しますのでぜひ参考にしてみてください!

 

 

①Twitterを開いたら左上のアイコンをクリック
②下にある設定とプライバシーをクリック
③アプリとセッションをクリックする
④怪しいアカウントや見覚えのないアカウントがあった場合は、すぐに連携を解除する。

 

この手順で連携による乗っ取りは解除することができます。

 

セッションを確認しよう!

もし、乗っ取られた場合セッションを確認すると見知らぬアカウントからログインされたことを確認することができます。

 

手順としては、上記の「不審なアプリの提携を解除しよう」の部分で説明した方法とほぼ同じです。

 

 

①、②、③までは同じなので、上記の説明に従ってください!
④下にスクロールするとセッションという項目が出てきますので、そこからログインされ形跡を確認できます!

 

怪しい形跡があった場合は、クリックしてログアウトしましょう!

 

まとめ

今回の記事は

Twitterを乗っ取られないようにする方法

乗っ取られた場合の解決法

の二点を紹介してきました。

 

Twitterを本気で運用している人は一日3,4時間をどTwitterに時間を費やしている人もいます。

 

ここまで築いてきた努力や時間が一瞬で水の泡になるのが乗っ取りですので、無駄にしないように今のうちにできることは対策をしておきましょう。

コメント